コラム

コラム

ザガーロのAGA治療効果と副作用 

今回は「ザガーロの効果と副作用」についてです。ザガーロは2015年9月28日に日本で承認されたAGA治療薬で、2016年6月13日に発売開始されました。ザガーロのジェネリック医薬品の処方が開始されまており、ジェネリックの処方が主流です。

ザガーロとは

ザガーロはイギリスの本社を置く大手製薬会社グラクソ・スミスクライン株式会社によって製造・販売されている、日本国内2番目に承認された内服用AGA治療薬です。有効成分は「デュタステリド」で、この成分はもともと前立腺肥大症の治療薬と活用されていました。

日本では「アボルブカプセル」という商品名で販売され、海外では「アボダート」という商品名で、世界100ヵ国以上で販売されています。前立腺肥大症の薬として販売されていたデュタステリドがなぜAGA治療薬として活用されるようになったのでしょうか。それは両方の症状を発生させている原因が同じ男性ホルモンだったからです。前立腺肥大症の原因は男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の濃度が高くなってしまうからです。AGAの原因もDHTの濃度が高まることでヘアサイクルが乱れてしまうためです。共通して同じ原因で発症していたため、DHTを抑制することができるデュタステリドはAGAにも効果を示したのです。そして2020年にザガーロのジェネリック医薬品が発売されたため、先発医薬品のザガーロよりも安価での処方が可能です。

ザガーロの効果・服用方法

効果

ザガーロの作用は男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が産生を抑制し、発毛を促します。では、どのようにして抑制しているのでしょうか。ここではザガーロの効果及び作用機序について説明させていただきます。
AGAの原因でもあるDHTはどのようにして生成されるのか。DHTは、テストステロンがある酵素の働きによって変換され生成されます。その酵素の正体は、5α-リダクターゼです。この酵素を阻害することができれば、テストステロンに働きかけることもできなくなり、DHTの生成も抑制されます。その酵素を阻害してくれるのがザガーロの主成分デュタステリドです。ザガーロは5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬と呼ばれており、5α-リダクターゼを阻害してくれます。そのためDHTの生成を抑えることができ、AGAの原因も取り除くことができるのです。また還元酵素にはⅠ型とⅡ型がありますが、Ⅰ型は全身の皮脂腺に分布しており、頭では後頭部、前頭部に確認されています。Ⅱ型は毛乳頭という髪の毛を作るところに分布しており、頭頂部と前頭部に確認されています。プロペシアの主成分フィナステリドはⅡ型の5α-還元酵素を阻害します。Ⅱ型のみ阻害するので、デュタステリドに比べると効果は弱い薬剤です
またザガーロには配合量が0.1mg、0.5mgの2種類の剤型があり、それぞれの薬で臨床試験が行われました。臨床試験は24週にわたり行われ、試験内容は薬剤を投与したとき頭頂部(2.54cm円中)の毛髪数の変化です。結果は0.1mgは約63本、0.5mgは約90本の変化でした。これをみるに配合量が多い方がより効果的ということが分かります。また副作用の発生頻度もほとんど変わりがないため、発毛効果が高い0.5mgパプセルの処方が主流です。

服用方法

服用方法は1日1カプセルを24時間ごとに決められた時間にお飲みください。例えば朝食後だったら継続して朝食後に服用することがより効果的です。また安全性が確立されているのは20歳以上のため、未成年の方は服用することができません。他にも女性の方や、妊婦や産婦、授乳婦は服用することが禁止されています。

ザガーロの副作用

ザガーロによる副作用の頻度はあまり高くはありません。臨床試験の結果です。
調査総症例557例(120例は日本人)。この内臨床検査値異常を含む副作用が報告されたのは95例でした。副作用の内訳は、勃起不全24例(4.3%)、リドビー減退22例(3.9%)、精液量減少7例(1.3%)です。日本人だけで振り分けると14例(11.7%)が報告されています。内訳はリビドー減退7例(5.8%)、勃起不全6例(5%)、射精障害2例(1.7%)です。この結果を見ると約5%前後の人に副作用が発生していることが分かります。男性機能に副作用が発生するのは男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを抑制しているからとされています。こういった副作用以外にも消化不良や貧血、血液・リンパ系障害が発生する場合もあります。また重大な副作用として「肝機能障害」、「黄疸」などが報告されています。この症状が現れた場合は直ちに薬の服用を止め、医師にご相談ください。

AGA治療薬の併用

AGA治療薬を何種類か併用されている方が稀にいますが、正しい飲み合わせでないと効果が期待できません。ここではAGA治療薬と併用して飲むことができる薬について紹介していきます。

ザガーロとプロペシア

ザガーロとプロペシアを併用している人がいますが、効果はあまり期待できません。プロペシアは5α-還元酵素のⅡ型を阻害しているのに対し、ザガーロはⅠ型、Ⅱ型の両方を阻害します。両剤を併用した場合に単剤と比べ効果が上昇することはなく、DHTの抑制効果も高まるわけではありません。ザガーロ単剤でDHT抑制作用が非常に強いので、プロペシアを併用したとしても効果はあまり期待できません。

ザガーロorプロペシアとミノキシジル

ザガーロやプロペシアはミノキシジルの併用がお勧めです。ザガーロなどはDHTを抑制し、ヘアサイクルを正常にすることで脱毛を抑え、髪の毛の発毛を促します。ミノキシジルは頭皮の血管を拡張させ、毛母細胞に行き渡る血液の量を増加させます。また毛包に直接作用し、毛母細胞の働きを活性化させ髪の毛の成長に必要な細胞分裂を促すようになります。ザガーロでヘアサイクルを整え、脱毛を抑えつつ、ミノキシジルで健康的な髪の毛の発毛が望めます。

亜鉛

AGA治療薬ではありませんが、髪の毛の成分となっている亜鉛を摂取することも非常に大切です。日本人の一日の亜鉛平均摂取量は8mgであまり高いとは言えません。普段の食事だけでは摂取することは難しいので、サプリメントでの摂取をお勧めします。

当院ではザガーロ以外にも医療用の亜鉛なども販売しておりますので、AGAでお悩みの方は一度ご来院してみてはいかがでしょうか。しっかりと向き合って治療していくことで、より早く改善することができます。

記事監修

2008年
久留米大学医学部医学科卒業
2008年~
福岡大学病院にて卒後臨床研修後、同大学医学部形成外科に入局 (2017年3月退局)
2011年
山口県済生会下関総合病院形成外科
2012年
新小文字病院形成外科
2013年
福岡大学大学院生体制御系専攻入学(2017年3月修了)
2014年~
正樹会佐田整形外科病院形成外科
2016年
九州中央病院形成外科
2017年4月
ユナイテッドクリニック福岡博多院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
076-224-1162
[月~土] 10:00-~19:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 14:00~14:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト