コラム

コラム

ミノキシジルと耐性 

ミノキシジルとは男性型脱毛症と言われる頭頂部・前頭部(生え際)の薄毛、AGAに高い効果を持つ、いわゆる育毛剤・発毛剤のことを指します。ミノキシジルは飲むタイプのミノキシジルタブレット(ミノタブ)と呼ばれる内服薬と、塗るタイプの大正製薬から出ているリアップやミノキシジルゲルのような外用薬の2種類があります。元々ミノキシジルは高血圧の処方薬として現在のファイザー社により開発された成分ですが治療中の患者に多毛症が認められたことから、医療用の発毛剤として改めて開発されました。

AGAの原因物質である男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制するプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)とは作用機序が違い、ミノキシジルは血流を良くする事で毛細血管から、頭髪の毛根部位にあたる毛乳頭に栄養を与え発毛を促します。プロペシアやザガーロ・アボルブとの併用治療も可能です。

一般的にミノキシジルなどAGA治療薬の効果は、増毛の効果は飲み始めた年齢、薄毛の状態、服用者の体質などにより個人差がありますが、使用し始めて3ヶ月~6ヵ月ほどで現れます。また最低治療期間は1年と長期間の服用が必要になります。しかしネット等で長期間服用しているうちに「ミノキシジルが効かない」「耐性がついた、効果なし」など言われることがあります。この「耐性」というのは、医薬品を服用し続けていくうちに身体が慣れて、効かなくなってくるというものです。今回はミノキシジルと耐性についてお話しします。

AGAの原因

AGAの最も大きな原因として考えられているのは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素の働きで、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換され、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、髪の成長を抑制してしまうことが原因と言われています。髪の毛には伸びては抜け、また新しく生えるといった事を繰り返すヘアサイクルがあります。このヘアサイクルは成長期(2~6年)、退行期(2週間)休止期(3~4ヶ月)の3つに分けられます。AGAの方の脱毛部にはDHTが高濃度に見られ、これがヘアサイクルのうちの成長期を短くする原因物質と考えられています。通常2~6年ある成長期が数ヶ月~1年と短くなることで髪の毛は十分に成長する前に抜けてしまうことが原因の1つとして挙げられています。その他にも遺伝や血行不良などが原因として知られています。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは発毛効果の高い薄毛治療薬でAGA治療に高い効果を発揮します。特に頭頂部の薄毛に効果的です。毛髪全体が薄くなるのが特徴のびまん性脱毛など女性に多いタイプの薄毛にも効果的です。ミノキシジルの効果は、血流を改善し、髪に必要な栄養素を頭皮にある毛乳頭に直接届けることで、髪の毛が生えやすくなる環境と成長を促すことです。それだけでなく、ミノキシジルは毛包に直接作用する効果があります。髪の毛が生えるには毛乳頭の毛母細胞が細胞分裂を行う必要があり、ミノキシジルはその毛母細胞の活動を活性化させます。これは唯一、ミノキシジルにだけ認められている作用です。

さらに高い効果を実感したい方は、ミノキシジルとザガーロ、プロペシアを併用しましょう。ザガーロ、プロペシアはAGAの最大の原因と言われているDHTの生成を抑制してくれます。ミノキシジルは血管拡張作用によって栄養分を運び、髪の毛を育成するのに働きかけます。つまりプロペシア、ザガーロで抜け毛を防ぎ、ミノキシジルで発毛を促します。作用機序はプロペシア、ザガーロとミノキシジルで違っているため、プロペシア、ザガーロとミノキシジルを併用は問題ありません。フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルは2017年に発表された日本皮膚科学会のAGA治療におけるガイドラインで「行うよう強く勧められる」Aランクに分類されています。これはフィナステリド、デュタステリドとミノキシジルの併用がAGA治療の基本療法であるということです。また、日本で2015年に承認されたデュタステリドはフィナステリドの1.6倍の効果をもちます。DHTの生成をフィナステリドよりも強力に抑制するため、さらに高い効果をお求めの方は併用しましょう。

ミノキシジルの耐性

ミノキシジルを長期間服用していると効果が薄れたと感じ「耐性が付いた・免疫ができてしまったのでは」と考える方が多いのですが一般的に耐性の有無は、薬剤の種類によって決まるとされており、ミノタブ・ミノキシジル外用薬やフィナステリド、デュタステリドについては、耐性に関する公式の発表は製薬会社からはありません。耐性が付いたと誤解をされてしまっている方の多くは正しい服用方法を守らなかったり、生活習慣による体調の管理ができていない方、または十分に治療が進み、効果が安定していることがほとんどです。睡眠・食事・過度な飲酒・喫煙と脱毛症は関係しています。AGA治療薬の服用回数を増やせば発毛効果が上がることはありませんので覚えておきましょう。用法・用量を守り医師の指導のもと正しいAGA治療をしましょう。

記事監修

平成元年
埼玉医科大学医学部卒業
平成元年
東京医科大学付属病院
平成5年
牧田中医クリニック
平成8年
西熊谷病院
平成29年
ユナイテッドクリニック上野院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
076-224-1162
[月~土] 10:00-~19:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 14:00~14:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト