コラム

コラム

ミノキシジルのAGA治療効果と副作用について 

発毛剤、育毛剤と聞いて誰もが思い浮かべるのは「リアップ」だと思います。このリアップの主成分は「ミノキシジル」という成分です。ミノキシジルにはリアップのような外用薬と、内服薬のミノキシジルタブレットの2種類存在します。飲むミノキシジルと言われているミノキシジルタブレットは外用薬よりもより高い発毛効果があることで知られています。

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは1960年代にアメリカのアップジョン社(現在のファイザー社)が血管拡張薬として開発し、高血圧の方のための経口治療薬として製造・販売されました。その後、服用中の方たちに多毛症の症状が見られたため、脱毛症の治療薬としての研究を始め1980年代にアップジョン社が脱毛症の治療薬としてミノキシジル2%の外用溶液を「ロゲイン」として販売しました。

日本でもプロペシアの主成分であるフィナステリドと同様に、ミノキシジルも1999年に厚生労働省から外用発毛医薬品として正式に認可を受けました。同年6月に大正製薬から一般医薬品として開発されたミノキシジル1%外用剤を「リアップ」の商品名で発売し、ミノキシジルの持つ発毛効果が広く世間に知られるようになりました。

日本皮膚医学会が科学的根拠に基づいて選定しているAGA診療ガイドラインでも、ミノキシジルとフィナステリドとデュタステリド(ザガーロ)はもっとも効果のあるとされるAランク評価を受けています。特にミノキシジルタブレットは外用薬よりも高い発毛効果があるとされているのでこれからのAGA治療には欠かせない薬剤です。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは当初高血圧のための血管拡張薬として用いられていました。血管を拡張させる事により頭皮の血流を良くすることで、髪の毛を作る細胞である毛母細胞に栄養が届きやすくなることによって発毛効果が得られます。ミノキシジルにはもう一つ血管新生という血管を新しく造る作用があります。ミノキシジルが体内に吸収されると血管内皮細胞増殖因子(VEGF)という血管を新しく造る働きのあるタンパク質が分泌されます。頭皮には小さく細かい毛細血管が張り巡らされ毛髪を造る毛母細胞に栄養など供給しているため、その通り道である血管が増えるほど栄養がいきわたるため毛髪には良い状態となるのです。

フィナステリド・デュタステリドとの併用

ミノキシジルには発毛効果はありますが脱毛を防止する作用はありません。脱毛を防止するためにはプロペシアやフィンペシアなどのフィナステリド製剤やザガーロやアボルブなどのデュタステリド製剤を服用する必要があります。

AGA(男性型脱毛症)の一番の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンです。このDHTの作用によって、通常であれば2~5年かけて毛髪が育つ期間を3ヵ月~1年と短くしてしまうため毛髪が抜けるまでの期間が短くなってしまったり、成長する期間が短いため成長しきれず細く弱弱しい髪の毛が増えるため薄毛が目立つようになってしまいます。このDHTを生成する5α-リダクターゼという酵素の働きを抑制する作用があるのが前述したフィナステリドやデュタステリドなのです。この作用によって乱れてしまったヘアサイクルを正常に戻し髪の毛を本来の状態に戻していきます。

発毛効果のあるミノキシジルと脱毛防止効果のあるフィナステリド・デュタステリドを併用することでお互いの足りない部分を補い合うため、AGA治療においてミノキシジルとフィナステリド・デュタステリドを併用することは標準的な治療法であり真剣に悩んでいる方には必須な組み合わせと言えます。また亜鉛・リジン・セレンなどのAGA補助薬との併用も、脱毛防止効果やAGA治療薬の効果を高めてくれる作用があるため発毛には不可欠です。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用効果研究センターによるといくつかの副作用が出る可能性があると記載されています。ミノキシジルは外用薬と内服薬で副作用も違ってきますので合わせてご説明いたします。

外用薬の場合

リアップやロゲインといったミノキシジル育毛剤の副作用として一般的に知られているのは使用した箇所の痒みが挙げられます。ミノキシジルの基本作用である血管拡張作用により血行がよくなって自然と痒みを感じる場合があります。これは寒い場所から急に暖かい場所に移動した際に起こる痒みと原理は同じです。また血管拡張作用による痒みは一時的なものです。他にも外用薬に含まれる基剤成分であるプロピレングリコールに対するアレルギー反応が起こる可能性があります。プロピレングリコールは他にも保湿剤などの化粧品にも含まれていますので過度な心配は不要です。

内服薬の場合

ミノキシジルタブレットの副作用としてもっとも多いのが多毛症ですが、元々高血圧の方の血圧を下げる降圧剤として開発されたため、血圧低下が生じる可能性があります。また血流量の増加に伴って手足に浮腫(むくみ)といった症状があらわれる方もいます。一般的に浮腫のほとんどは休薬することで自然と治っていきます。しかし、そもそも降圧剤として用いられた用量は40mg程だったのに対し、AGA治療として用いられる用量は2.5~10mg程度なので危険性は非常に低く安全です。また軽度以上の浮腫が生じた場合も利尿剤などと併用しながら服用も出来ます。休薬後もミノキシジルの1日の服用量を減量することで浮腫が見られなくなります。また服用量を減らしても改善しない場合は隔日投与などで治療を継続することが可能です。

AGA治療を行う・再開すると、一か月後程度から一時的に抜け毛が増える初期脱毛が起こることがあります。これは今までの状態の悪い髪の毛が抜け落ち、良い状態に生え変わろうとしている証拠です。この初期脱毛に驚き治療を止めてしまうと治療が無駄になってしまいます。また、一般的にAGA治療は効果が出てくるまで6ヵ月かかり、治療期間は最低でも1年となっています。長く継続してしっかりとAGA治療を行いましょう。

 

記事監修

2008年
久留米大学医学部医学科卒業
2008年~
福岡大学病院にて卒後臨床研修後、同大学医学部形成外科に入局 (2017年3月退局)
2011年
山口県済生会下関総合病院形成外科
2012年
新小文字病院形成外科
2013年
福岡大学大学院生体制御系専攻入学(2017年3月修了)
2014年~
正樹会佐田整形外科病院形成外科
2016年
九州中央病院形成外科
2017年4月
ユナイテッドクリニック福岡博多院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
076-224-1162
[月~土] 10:00-~19:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 14:00~14:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト