コラム

コラム

ロゲインのAGA治療効果と副作用 

今回はミノキシジルと同じ効果のあるミノキシジル外用薬「ロゲイン」について、使い方・使用法やロゲインの効果と副作用、女性用ロゲインの効果と副作用や日本で発売されている育毛剤リアップとの効果や浸透時間など違いがあるのか、説明していきます。

ロゲインとは

ロゲインとは世界で初めて発毛効果が確認された成分であるミノキシジルを主成分とした外用タイプの発毛剤です。1960年代にアメリカのアップジョン社(現在のファイザー社)が高血圧の治療薬としてミノキシジルは開発されましたが、全身の毛が増える多毛症の症状が見られたことから、薄毛や脱毛症の治療薬として研究が開始され1980年代に2%ミノキシジル外用薬を「ロゲイン」として発売しました。また、医薬品認可に特に厳しいことで知られるFDA(米国食品医薬品局)から正式な認可も受けており、医学的にも効果が実証されている医薬品となります。現在はジョンソン&ジョンソン社から発売され、男性用は5%ミノキシジルが一般的になっています。

日本では大正製薬から発売されている「リアップ」がミノキシジル外用薬として発売されています。他にも女性用のロゲインやリアップリジェンヌ、ファイザー社以外にもカークランド社からもミノキシジルの外用薬が販売されています。

またミノキシジル外用薬は、日本皮膚科学会が科学的根拠に基づいて発表しているAGA治療ガイドラインにおいてフィナステリドやデュタステリドと同様に最も評価の高いAランクの判定を受けています。ガイドラインではミノキシジル濃度5%の使用を推奨しています。

ロゲインの使用方法

ロゲイン5%の使い方は1回1mlを1日2回薄毛など気になる箇所に塗布してください。1日1回ではないのでご注意ください。また入浴後など毛髪が清潔な状態で乾かしてから使用してください。また出来る限り12時間間隔で継続的な使用が望ましくはあります。ミノキシジルの濃度が安定するため、AGA治療がより効果的です。ミノキシジル外用薬の回数を1日1回に減らしてしまうと濃度が一定に保たれないため望んだ効果が得られない可能性があります。これはローションタイプ・フォームタイプどちらの場合も同じです。ロゲインは塗布してから薬剤が乾くまでおおよそ20分程の時間がかかりますが、頭皮にしっかりと発毛成分のミノキシジルを浸透させるために時間をかけて自然乾燥するようにしましょう。

ロゲインの効果

ロゲインの主成分ミノキシジルには血管拡張作用があります。頭部の気になっている薄毛個所に直接塗布することで、皮下にある血管を拡張させ血流を改善・増加させ、毛根部へ栄養や酸素の供給量が増え、発毛に重要な毛包や毛母細胞が活性化し細胞分裂が促され発毛効果が得られるのです。

AGA治療薬であるプロペシア(フィナステリド)、ザガーロ(デュタステリド)は脱毛を防止する効果があるため、ロゲイン(ミノキシジル)と併用することで発毛効果をより高めることが出来ます。亜鉛やリジンといったAGA補助剤も同時に併用し体内からも栄養を補給することが必要です。

ロゲインの副作用

ロゲインの主な副作用として多毛症や頭皮のかゆみが良く知られています。そのほかにも僅かではありますが、ニキビ、眩暈、頭痛、低血圧、不整脈、むくみなどの症状が現れる可能性があります。ロゲインのジェネリックであるカークランドや日本の大正製薬から発売されているリアップやリアップリジェンヌも副作用は同様のもとなります。

多毛症

ミノキシジルはAGA治療薬のため多毛症は見られます。ミノキシジルの作用である血管拡張・血流促進効果によって発毛が促進されるためです。ロゲインのような外用薬の場合薄毛の部分に直接塗布する事が出来ます。ミノタブ2.5mg・5mg・10mgといった内服薬の場合の方が発毛効果が高い分副作用として多毛症を多く見かけます。ただ、副作用とされてしまっている多毛症ですがこのことから発毛を実感する方も多くいらっしゃいます。

頭皮のかゆみ

頭皮のかゆみはロゲインの主成分であるミノキシジルの作用によって血流が改善されることによって痒みを感じる可能性があります。この場合の痒みは一時的なもので、お風呂から出た後やマッサージをした後に起こる痒みと原理は一緒です。またロゲインに含まれるプロピレングリコールへのアレルギー反応として痒みを感じる方もいます。プロピレングリコールは他にも化粧品や保湿剤など広く使用されているものですので過度に心配する必要はありません。ロゲインを使用した際の痒み対策としては、必ず入浴後などの毛髪や薬剤を伸ばす手が清潔な状態で、さらに毛髪が乾いた状態で使用する事です。血行が促進されることによる痒みを抑えるには日頃から適度な運動を心がけることで副作用が治まる可能性があります。

他にも初期脱毛と言って一時的に抜け毛が増える方もいらっしゃいますが、初期脱毛は成分のミノキシジルが効果を発揮し、悪い毛が抜け毛髪が健康になっているサインでもあるため気にする必要はありません。

ミノキシジルは、元々は高血圧の治療用に開発された成分のため、低血圧や血流の増加に伴いむくみといった症状が現れる方もいますが、これらの副作用はロゲインを使い過ぎている目安となっています。使い過ぎではない方がこれらの症状を感じた場合は一旦使用を中断し、医師や医療機関にご相談ください。

記事監修

平成元年
埼玉医科大学医学部卒業
平成元年
東京医科大学付属病院
平成5年
牧田中医クリニック
平成8年
西熊谷病院
平成29年
ユナイテッドクリニック上野院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
076-224-1162
[月~土] 10:00-~19:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 14:00~14:30)
アクセスのご案内 診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
札幌ユナイテッドクリニック公式サイト
仙台ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイトクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
横浜ユナイトクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
金沢ユニットクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト